1. 環境構築 (Android 4.2)

ここでは、WindowsのパソコンでのAndroid アプリ開発の環境構築について説明します。

Android アプリを開発するためには、以下の2つのソフトが必要になります。
(すべてフリーソフトです)

  • JDK
  • Android SDK (ADT Bundle)

上記二つのソフトをダウンロード、インストールして設定を行えば、Android アプリの開発をはじめられます。


それぞれのソフトについて間単に説明します。

JDK

JDK とは、Java Development Kit の略で Java 言語でプログラミングを行う際に必要になるソフトウェアのセットです。
Android アプリは Java 言語で記述するので必要になります。

Android SDK (ADT Bundle)

Android SDK は、Android アプリの開発に必要となるライブラリやツール(エミュレータなど)が入っている開発キットです。
また、eclipse という Java の開発などによく用いられる統合開発環境と開発用ツールである (Android Developer Tools) がセットになっています。
(以前は eclipseとAndroid SDKを別々にダウンロード・インストールする必要がありましたが、 現在はセットで配布されていますので、Android SDKのみダウンロードすれば大丈夫です。)



では、それぞれのソフトのインストール方法について説明していきます。



次は・・・
JDK のインストールについて説明します。
1.1. JDK インストール